• TEL: 03-6659-7850
  • 田園調布 自由が丘の美容室エスパシオ

髪の日焼けについて!

 

 

ここでは、髪が日焼けすることによって引き起こる毛髪の変化について

お話ししますね。

髪の日焼けについて、分かれば髪の日焼け防止対策や、その後の

ヘアケアの参考になると思います。

 

□髪が日焼けするとどうなるのか?

キューティクルが剥がれやすくなる。

髪のツヤがなくなり、パサつく。

髪の変色やカラーの色もちを悪くする。

髪や頭皮の老化現象が進む。

キューティクルが嗅がれやすくなる。
キューティクルは、髪の一番外側を覆っている膜のようなものですが、
そのキューティクルが紫外線の影響でめくれたり、剥がれてしまいます。
すると、髪の中のタンパク質や保湿する成分が流れ出て、
髪の水分や栄養がなくなってしまいます。
髪のツヤがなくなり、パサつく。
紫外線でキューティクルが剥がれると、髪の中の水分や栄養が
流れ出てしまい、それが原因で髪が乾燥して、パサつきの原因になります。
夏に髪の表面だけパサパサしてくるのは、紫外線の影響でもあるのです。
髪の変色やカラーの色もちを悪くする。
紫外線は、髪内部のメラニンを分解する力があります。
メラニンというのは、髪の色を作る色素なのですが、メラニンが
紫外線によって分解されてしまうと、髪の色が徐々に抜けて
赤みを帯びた色に変色します。また、カラーリングをしている髪は、
バージン毛よりメラニン色素が少ないため、より紫外線の影響を受けやすい
状態に。注意が必要です。
髪や頭皮の老化現象が進む。
肌が紫外線を受けると、シワやたるみの原因になるように、
髪や頭皮も同じように老化現象が起こります。
紫外線により、髪の毛の根元にある毛母細胞がダメージを受けると、
抜け毛や薄毛、白髪の原因になります。
□髪の日焼けへの対策・対応方法

<キューティクルが剥がれやすくなる。>

洗い流さないトリートメントで擬似キューティクルを作り
キューティクルが剥がれたり、めくれたりするのを防ぐ。

<髪のツヤがなくなり、パサつく>

紫外線で髪の中の水分や栄養が流れでしまった状態なので、
高濃度のインバスのトリートメントでしっかりと髪の内部に栄養を補充しましょう。

<髪の変色やカラーの色もちを悪くする。>

上記のように。洗い流さないトリートメントで擬似キューティクルを作り、
失われた髪の栄養をインバスのトリートメントで補っていれると
カラーの色が抜けることを防止、緩和することができますよ。

<髪や頭皮の老化現象が進む。>

頭皮には日焼け止がぬれないので、頭皮の日焼けを防止するためにも、
屋外では、帽子をかぶることをお勧めします。
また、頭皮はお顔のケアと同じく日焼けして火照っていたら、
冷やす。また頭皮用の化粧水を使うのも効果的です。

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。