• TEL: 03-6659-7850
  • 田園調布 自由が丘の美容室エスパシオ

どうして急に?産後に生える白髪とは?

 

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがあります。

・エストロゲン

卵胞ホルモンとも呼ばれ、生殖機能を成熟させ、卵巣機能を高め『妊娠しやすくする』ホルモンです

さらに子宮を大きくし、乳腺を発達させ産後に母乳を出す準備を整える働きがあるために、妊娠後も増加します。

・プロゲステロン

黄体ホルモンとも呼ばれ、子宮内膜を柔軟にして受精卵を着床しやすくし、胎児が成長しやすいように子宮内を整える働きがあります。

 

エストロゲンには髪のコラーゲンを増やし、成長期を伸ばすという働きがあります。

そのため、妊娠期間中は髪の毛の成長サイクルが伸び、抜けにくくなります。

妊娠後期には分泌量がピークになるために、胎児の栄養が取られてしまっても抜けるべき髪がずっと成長期のままで居られるのです。

ところが出産後2〜3日すると女性ホルモンの量は一気に減少します。

すると、ホルモンバランスの急激な変化から髪にも大きな影響が出てきます。

髪の根元にはもう乳頭という栄養のタンクのようなものがあり、その周りを囲む毛母細胞の栄養や酸素を与えて居ます。

この毛母細胞の間にメラノサイトと呼ばれる色素形成細胞があり、この細胞がメラニン色素を作り、毛母細胞から作られる髪の毛に色をつけます。

ところが出産後女性ホルモンが一気に減少するとメラノサイトがその影響を受け、メラニンを作る働きが衰えてしまい、白髪が増えてしまうというと考えられて居ます。

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。